不要な車を処分するなら車査定サービス!
どんな車もすぐに買取ってくれるし、面倒な手続きもやってくれます。故障車や不動車でも引き取りOK。
車に詳しくない私でも、98年式セダンが12万円で売れました。まずは、見積だけでもやってみてください。

不要車・不動車・故障車・廃車の引取り

 不要車や故障車などいらない車の処分に困っている方は、車査定に出すことをおススメします。

 買取業者に不要車を買い取ってもらえば、廃車処分にお金も掛からないですし、面倒な書類関係も無料でやってもらえるので、一石二鳥です。さらに、日本車のほとんどに査定額が付くので、不要車を処分してもお金をもらうことができます。

 ちなみに車査定を使わずに、自分で廃車処分をしてしまうと3万円から5万円程度かかってしまいます。お金を使わずに廃車ができるなら、車査定を利用した方がおトクです。

 最近の無料査定はだれでも簡単に使えるようになっているので、車に詳しくない人でも利用することができます。

 不要車や故障車などの処分を考えている方は、ぜひ車査定を利用してみてはいかがでしょうか?

いらない車の値段を調べる方法不要車買取サイト ⇒ http://www.zba.jp/car-kaitori/


 いまの時代、わざわざ自分でお金を支払って、いらない車を処分するのは正直もったいないです!

 なぜなら、いま廃車処分しようとしている車を査定に出すとほとんどの買取業者で査定額が付き、すぐに買取ってくれるからです。

 必要な情報を入力するだけで、車査定の申し込みをすることができるので、一度試してみてください。

1.車査定に申込む

その場で概算金額がわかる車査定

かんたん車査定ガイドの説明
・いらない車や故障車も売れる
・申し込んですぐに概算価格がわかる
・JADRIに加盟している優良企業のみ
・地方の方にもピッタリ!
・買取可能な業者のみ連絡がくる

yajirusi査定の申込みはこちら


自分で買取業者が選べる車査定

自分で選べる買取サービスをご紹介
・廃車寸前や10万キロオーバーも売れた
・自分で依頼先が選べるから安心
・知らない業者からの連絡がない
・リクルートがしっかり運営
・個人情報の保護も安心

yajirusi査定依頼はこちら


 リクルートが運営しているカーセンサー.net簡単ネット査定は近所の買取業者を一発で検索することができ、そのままご自分で査定業者を選んで申込むことができるので、無駄な手間を掛けないで売ることができます。

 また、かんたん車査定ガイドなら一度申し込んでおけば、自然と買取業者から連絡がくる仕組みになっているので、ほとんど何もせずに不要車・故障車を手放すことができます。

2.すぐに無料で処分

カーネクストへの査定依頼はこちら すぐに車を処分したい人や車査定を受けたけど売れなかった人は、車買取カーネクストに連絡して無料で車を引き取ってもらいましょう。

日本全国どこでも無料で引き取り
・面倒な書類関係も無料で代行
・未使用分の税金も全額返金
・抹消の証明書も無料で発行

yajirusiお申し込みはこちら


 不要車の引取りに困ったら、まずはその車が売れるのか確認してみてください。廃車寸前でボロボロの車でも査定金額がほとんど付きます。どうせ車を手放すなら、買い取ってもらった方がお得ですし、そのまま鉄くずとして処分されるよりも部品取り車として引き取ってもらえば、リサイクル・リユースにもなります。

 元々処分するつもりなら価格交渉も必要ないですし、面倒な書類関係は無料で業者が代わりにやってくれるので、ほとんど手間をかけずに処分することができます。ぜひ、買取査定サービスを利用してみてください。

3.ネットオークション
 ヤフーオークションなどに出品
 *ただ、売却時にトラブルになる可能性大

 もちろん廃車処分しようと思う車を買取してもらうには、一般の買取店では難しいかもしれません。故障車や事故車などを取り扱う専門の買取店をあたってみるのがいいと思います。

 また、中古車の一括査定サイトを使うと条件に該当する買取店をすぐに探すことができます。意外に廃車寸前の車もお得に手放すことができます。

 ヤフーオークション ⇒ http://auctions.yahoo.co.jp/

不要車,不動車,事故車,故障車はなぜ売れるの?

 それは、あなたにとって価値がない自動車でも、他の人にとっては十分価値がある車である場合があるからです。特に、日本車で使われているパーツはアジアや南米などの海外で人気があり、部品取り車として買取業者が比較的に高額で買い取るケースが多いからです。

 鉄の値段もつねに変動しているので、スクラップ価格が高騰している時に車を処分すれば、買取業者も利益を出すことが可能なので、予想以上の値段で買い取ってくれます。

 車査定の申込み方がわからないからといって、査定もせずに廃車にしてしまうのは非常にもったいないです。

 はじめて車査定をご利用する方のためにカービューの申し込みの流れを載せておきましたので、参考にしてください。

カービュー一括無料査定の申込み

まず、カービューに査定の依頼をする前に、あなたが処分に困っている車には十分価値があるということを覚えておいてください!

自分にとって価値のない不要な車でも、買取業者にとっては、十分価値のある車なんです。

どうしても車査定がはじめてで不安な人は、600社以上と提携しているカービューも合わせて利用してみてはどうでしょうか?

面倒な手続きもなく、複数の業者に一括して依頼できるのですぐに買取先が見つかります。

わずか3分の簡単入力で申し込みが完了。あとは返事が来るのを待つだけです。

1.査定依頼の申込み
車種と郵便番号を入力

車種と郵便番号を入力

自分の住んでいる地域に対応している買取業者ができくるので選択。
買取業者

車検証などに書いてある車の情報と連絡先を入力
車の情報と連絡先を入力

2.査定申込み完了
入力した情報を元に車の平均買取相場が現れるので、ちょっとした参考額として使えます。

3.申込み後、査定日を決める
各買取業者から電話やメールで自動車の実物査定の案内がきますので査定日を決めます。

申込んだ日に連絡をくれるところもありますので、すぐに引取ってもらい方は前もって準備しておきましょう。

以上が車査定のカンタンな流れになります。では、実際に申し込んでみてください。

arrowカービュー

企業情報

会社名 株式会社カービュー
本店所在地 東京都中央区晴海一丁目8番10号
晴海アイランド トリトンスクエア オフィスタワーX 16階
設立年月日 1996年9月5日
資本金 15億7242万円
事業内容 インターネット広告事業
従業員数 133名(男性:100名、女性:33名)
2011年12月末日現在
主要取引先 国内自動車メーカー/ディーラー、輸入車インポーター、自動車関連事業者 等

 日本最大級の自動車ポータルサイト『カービュー』。これまでに300万人以上の利用実績がある信頼のおける自動車一括査定サービスです。CMでお馴染みの大手買取業者から地元の買取専門業者まで600社以上のネットワークを無料で利用することができます。最大の魅力は、売りたい車の情報を一度登録するだけで8社まで同時に見積依頼ができるので、オークションのように自動的に買取価格のアップが期待できます。

対応地域

北海道・東北
北海道, 青森県, 岩手県, 宮城県, 秋田県, 山形県, 福島県
関東
茨城県, 栃木県, 群馬県, 埼玉県, 千葉県, 東京都, 神奈川県
中部
新潟県, 富山県, 石川県, 福井県, 山梨県, 長野県, 岐阜県, 静岡県, 愛知県
近畿
三重県, 滋賀県, 京都府, 大阪府, 兵庫県, 奈良県, 和歌山県
中国
鳥取県, 島根県, 岡山県, 広島県, 山口県
四国
徳島県, 香川県, 愛媛県, 高知県
九州・沖縄
福岡県, 佐賀県, 長崎県, 熊本県, 大分県, 宮崎県, 鹿児島県, 沖縄県

ページ最上部へ

廃車を自分でする場合

気になる廃車費用は?

・未払いの場合はリサイクル料金が掛かります
・解体業者へ廃車を依頼。解体、運送料金等が必要になります
・手数料が1万円前後
・陸運事務局で各種手続きのお金

これらを合わせて約3万円の廃車費用と丸1日時間がかかります。書類の不備などがあった場合、もう少し時間が必要です。

廃車に必要な書類は?

★一時抹消の必要書類★

【お店に依頼】
○印鑑証明書(発行日から3ヵ月以内)
○委任状(所有者の実印の押印があるもの)
○車検証
○ナンバープレート 2枚
○実印

【自分でやる】
○印鑑証明書(発行日から3ヵ月以内)
○車検証
○ナンバープレート 2枚
○実印
○手数料納付書(当日、運輸支局窓口で用紙をもらう)
○一時抹消登録申請書(当日、運輸支局で購入)
○自動車税・自動車取得税申告書(当日、運輸支局にある税事務所で用紙をもらう)

注意)車検証に書かれている所有者の「住所」『氏名』が印鑑証明書と違う場合は「住民票」または、『戸籍謄本』を用意する必要があります。

★解体届出に必要な書類★

【お店に依頼】
○委任状(押印があるもの)
○登録識別情報等通知書もしくは一時抹消登録証明書
○移動報告番号と解体報告記録

【自分でやる】
○一時抹消登録証明書
○移動報告番号と解体報告記録
○印鑑証明書(発行日から3ヵ月以内)
○手数料納付書(当日、運輸支局窓口で用紙をもらう)
○抹消登録申請書(当日、運輸支局で購入)
○口座(車検の有効期限が1ヶ月以上ある場合)

ページ最上部へ